【格安新品PC】VETESAのノートパソコンは買い?気をつける点は?

2.5
ノートパソコン情報
さとこよ先生
さとこよ先生

Amazonや楽天で見かけるVETESAというメーカーのノートパソコンについて調べます。コスパは良いですが、謎の中国製ノートパソコンということで利用には不安が残ります。

先に書いておくと素人にはオススメしません。

VETESAのノートパソコンについて調べた記事です。

色々なモデルが発売されてますが、VTS-4015-256というモデルを参考にチェックしていきます。
後半にいくつか他モデルの見解も書いてます。‎VTS-N410もほぼ同型のモデルっぽいです。

VETESAというコスパ良さげな中国製ノートパソコン

新品のノートパソコンで3〜5万円くらいの価格帯を探してるとやたらと出てくるのがVETESAです。

やたらと派手派手しい画像が使われていることが多いですね。

Amazonでの販売元はTech Online、楽天では蘇和株式会社が販売元となっています。

Tech Onlineの住所をみる限り中国製のパソコンと思われますが、海外サイトにVETESAブランドのサイトなどが見つけられなかったのでブランド自体は日本国内限定のものかもしれません。

一応の公式サイトはこちらでしょうか。ここも蘇和株式会社によるもののようです。

VTS-4015-256の単純性能は良さげ。

パッと見の性能だけでいうと意外と悪くなさそうな雰囲気です。

OSWindows10 Pro
CPUCeleron J4105
メモリ6GB
ディスプレイIPS15.6インチ
1920×1080
ストレージSSD 512GB
サイズ36 x 26 x 1 cm
1.5kg
バッテリー持続時間4-12時間
オフィスMicrosoft Office 2016
CPUスコアと目安

CPUスコア: 2967

パソコンの速い・遅いに大きく影響するCPUの計算速度を評価値です。
当サイトではPassMarkという検査ツールの値を目安としています。基本的には数字が大きいほど高性能です。

1000~3000遅め。ネット閲覧・軽めのExcel/Word作業・ブログ編集などなら普通に使える。
多人数でのZoom会議は厳しい。
AtomやCeleronという名前のCPUは大体これ。
3001〜5000Excel/Wordの本格的なビジネス利用のスタートライン。
フルHD動画の再生も快適。
PhotoShopでの写真加工もできるがもっさりする場面も。
5001〜8000Zoom会議やPhotoShopでの写真加工も快適に行える。
8001~通常利用の範囲ではかなり快適。
複数のソフトを同時起動しての作業や、動画編集やゲームなど高負荷の作業も可能。

純粋にスペック面だけでみると悪くないノートパソコンです。5万くらいでこの性能ならコスパ悪くない方でしょう。
なくともアイ○スオーヤマのよりはずっと良いのでは?

15.6インチとノートパソコンとしては大きい部類で1.5kgとやや重め。
据え置きで使うことを想定したノートパソコンといった感じです。

Celeronですが4コアなので処理性能は最低ラインをクリア。
メモリも通常用途には困らない程度備わってるので、ネットを見たり、ExcelなどのOffice作業は快適にこなせそう。

ストレージは速い方に分類されるSSD。
ストレージ容量が512GBとかなり余裕があるので、アプリケーションのインストールや大量の写真を保存しても安心です。
動画のような容量を使いがちなデータの保存にも使えそうですね。

液晶のサイズが15.6インチと大きめなので、画面の大きさを重視する人にはオススメです。
フルHDで情報をたくさん表示できるのもポイント。きめ細かい映像が楽しめます。
液晶は高画質とされるIPS。視野角が広い(斜めからみた時も色が綺麗に見える)ので動画鑑賞や写真加工などの発色を重視する作業にはいいですね。

キーボードは一応日本語化されてますが、一般的な日本語キーボードではないので慣れが必要そうです。

Microsoft Officeがついてきますが、正規ライセンスなのかは微妙なところです。

Amazon整備済み品など安価なPCのOffice2019は、正規の個人向けライセンスではない場合無料のオンライン版Officeをさも有償ソフトかのように書いてる場合があります。
非正規品の場合も利用はできると思いますが、自己責任でご利用ください。

購入者さんの動画

ほんのちょびっとご案内チャンネルさんというところで購入動画アップされていました。

今回扱っているモデルよりランク上のモデルのようですがサイズ感は一緒。

使用感などがわからないのが残念ですが、意外と梱包などは思ったよりしっかりしているようですね。
自称ゲーミングノートですが性能をみる限り全然ゲーミングじゃないのでAPEXやFortniteなどのプレイには向きません

インテルCore i5 5350U【MS Office 搭載】【Win 10搭載】日本語キーボード 1.8GHz(4コア)/メモリー:8GB/高速SSD/外付けDVD付属/IPS広視野角15.6型フルHD液晶/Webカメラ/10キー/USB 3.0/miniHDMI/無線機能/Bluetooth/超軽量大容量バッテリー搭載/ノートパソコン学生向け、ゲーミングノート (SSD:256)

スペック表記があちこち怪しい〜

中国製ノートパソコン全般に言えることですが、表記間違いなどが見受けられ信頼性に欠ける部分があります。

  • 画像はOffice2019 なのに説明はOffice2016(実際は2019らしい)
  • 512GBモデルを選んでるのに説明文の容量が120GB
  • Windows10 Proに対する謎の「史上最速」という説明(10Proであることと速度は関係ない)
  • とりあえず「超大容量」の記載

Amazonだから大丈夫なんてことはまったくないので、記載が正しいかはすみずみまでチェックしましょう。

素人にはオススメできない一品

「おおむね満足!コスパ良し!」というレビューが多い一方、不安な報告多数あり

VETESAのノートパソコンの多くにレビューが上がっており購入者も少なくない模様です。

やはりコスパが良いという評価が多く見られますが、以下のようなコメントもありました。
レビューについてはVETESAの商品複数をチェックしています。

  • キーボードが通常の日本語キーボードと異なる
  • トラックパッドが硬くクリックしにくい
  • Webカメラがついてこなかった(記載ではある)
  • Microsoftのページにアクセスできない

などちょっと不安の残るレビューも見受けられました。

一応自宅利用なら外付けのマウス、キーボード、webカメラなどをつけて解決もできる問題がほとんどですが、購入の際は気をつけましょう。

同一の端末ではなさそうですが、キーボードの雰囲気については♛Queens lab.さんの記事が参考になります。

backspaceとdeleteキーの位置が逆で
半角英数のキーが無い。
チルダ(~)がふつうは”ほ”のキーに
有るのに半角英数の位置にある。
¥マークのキーが無い。
なかなかてこずらせてくれるじゃん。

引用元:♛Queens lab.

他のVETESAノートパソコン見解まとめ

最後に、現在販売されてる各モデルの見解を書いておきます。

2021年新モデルだけどCPUは第6世代 VTS-i76Pro

機種名VTS-i76Pro
OSWindows10 Pro
CPUCore i7 6820HQ
Passmarkスコア6912
メモリ16GB
ディスプレイIPS15.6インチ
1920×1080
ストレージSSD 256GB
サイズ?
?kg
バッテリー持続時間4-12時間
オフィスMicrosoft Office 2016※試用版だったという話もあり
価格(参考)87,900円

いきなり「Core i7 6700U」という存在しないっぽいCPU名が書かれてて混乱しましたが、レビューをみた限りCore i7 6820HQだったという記載があったのでおそらくそちらが正解。
キーボードが英字キーボードがベースなのは一緒。

Officeが試用版だったという話もあり、仮に動いたとしても非正規版がインストールされてる可能性大です。

4コア8スレッドで処理性能は割と高い方ですが、CPUが第6世代のもので5年前以上のものです。
中身は全然2021年最新版ではないのでWindows11へのアップデートもできないでしょう。割り切りが必要です。

重量が不明ですが多分2kg近いです。

‎3万円台明らかにロースペックな N15DP1 4/64 VS+320H

機種名‎N15DP1 4/64 VS+320H
OSWindows10
CPUCeleron N4020
Passmarkスコア1620
メモリ4GB
ディスプレイIPS15.6インチ
1920×1080
ストレージeMMC 64GB
サイズ?
?kg
バッテリー持続時間4-12時間
オフィスMicrosoft Office 2016
価格(参考)33,800円

CPU、メモリ、ストレージといいところ無しです。あえて選ぶ理由はないでしょう。

TENKUパソコンの方が100倍いいですね。

2020年秋冬モデルとは思えない微妙加減のE8000

機種名E8000
OSWindows10
CPUCeleron N3350
Passmarkスコア1164
メモリ8GB
ディスプレイ15.6インチ
1920×1080
ストレージSSD 128GB
サイズ?cm
1.36kg
バッテリー持続時間4-12時間
オフィスMicrosoft Office 2016※おそらく非正規品
価格(参考)46,800円

メモリやストレージはさておきCPUの貧弱さがネック。CPUの世代自体も古いのでおそらくWindows 11へのアップデートもできないでしょう。

‎びっくりするくらい型番の付け方が雑で別にもE8000がありました(E8000 14.1)。

サイズは14.1インチで上のモデルよりはコンパクト。CPUは同じものが搭載されてるので性能面は貧弱です。
「初心者向け高性能」は全くのガセです。

やはり2021モデルなのにCPUは古い i316256

機種名i316256
OSWindows10
CPUCore i3-6157U
Passmarkスコア2752
メモリ8GB
ディスプレイ15.6インチ
1920×1080
ストレージSSD 256GB
サイズ? cm
1.36kg
バッテリー持続時間4-12時間
オフィスMicrosoft Office 2019
価格(参考)65,800円

大手メーカー製だったり、価格が4万以下とかだったら無しではない性能ですが、怪しい海外製品としては割高
やはり古いCPUなのでWindows11には多分できません。

まとめ:一見お買い得に見えるが初心者は気をつけて

全体的なスペックは悪くないものの、表記が統一されてなかったりキーボードに癖があったりとよくある中国製ノートパソコンという印象でした。

画像が華やかなので雰囲気に騙されないようにしましょう
パソコンを初めて買うような方は避けておいたが方が良さそうです。

近いスペックで選ぶなら、OfficeがWPS Officeになるものの天空のノートパソコンの方が安く安心感があるように思いました。

コメント

  1. a より:

    最新エディションと言いながら、5年前のCPUを使っていたり
    MS Officeが最新版じゃない、または正規版じゃないという話も聞きました。
    今売ってる最新モデルはWindows 11非対応だったりします。

    • さとこよさとこよ より:

      こちらでも調べてみましたが、書かれてた通りかなり古いCore i5が使われてるようなモデルもありますね。
      当然の如くWindows 11対応ですからその辺りの情報も改めてまとめたいと思います。
      情報ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました