JumperのノートPCは要注意?EZBook X1について調べてみた

ノートパソコン情報
さとこよ先生
さとこよ先生

安いですが素人にはオススメできません!注意!

機種名Jumper EZBook X1
OSWindows10 Home
CPUCeleron N3450
メモリ6GB
ディスプレイIPS11.6インチ
1920×1080
ストレージSSD 128GB
サイズ27.4 x 18.7 x 1.36 cm
1kg
バッテリー持続時間7時間
オフィスなし
CPUスコアと目安

CPUスコア: 1928

パソコンの速い・遅いに大きく影響するCPUの計算速度を評価値です。
当サイトではPassMarkという検査ツールの値を目安としています。基本的には数字が大きいほど高性能です。

1000~3000遅め。ネット閲覧・軽めのExcel/Word作業・ブログ編集などなら普通に使える。
多人数でのZoom会議は厳しい。
AtomやCeleronという名前のCPUは大体これ。
3001〜5000Excel/Wordの本格的なビジネス利用のスタートライン。
フルHD動画の再生も快適。
PhotoShopでの写真加工もできるがもっさりする場面も。
5001〜8000Zoom会議やPhotoShopでの写真加工も快適に行える。
8001~通常利用の範囲ではかなり快適。
複数のソフトを同時起動しての作業や、動画編集やゲームなど高負荷の作業も可能。

ぱっと見は良さげな中華ノートパソコンです。

11.6インチとやや小柄で軽量の1kg。
バッテリーの持ちも良いので持ち運びにピッタリの高いコスパなノートパソコンです。パッと見

  • 薄型軽量でコスパ良し。
  • 表記スペック誤りがある模様。
  • ウイルス入りとの報告有り。
  • キーボードは英字。日本語化するカバーが付属?

性能は値段の割にはまぁまぁ良さげ。

まずは単純な性能面からチェック。

処理性能は最低ラインよりは上でメモリも十分に備わってるので、ネットを見たり、ExcelなどのOffice作業は快適にこなせそう。
軽いので出かけることが多く、Excelなどのビジネス系の作業や出先でブログの執筆をしたいという人には向いていそうです。

ストレージは速いとされるSSD。
ストレージ容量が128GBあるので普通に使う分には困らなそうな容量ですね。余裕というわけではないのでアプリをたくさん入れるなどすると空き容量に気を使う場面が出てくるかもしれません。

携帯性は優れてるものの画面はやや小さいので、自宅でも長時間使うという人は気をつけましょう。

タッチパネルでタブレット風にも使えるのがポイントです。

フルHDで情報をたくさん表示できますが、想定的に文字は小さくなるので細かい文字が見にくいという人は設定変更が必須です。
液晶は高画質とされるIPS。視野角が広い(斜めからみた時も色が綺麗に見える)ので動画鑑賞や写真加工などの発色を重視する作業にはいいですね。

英字キーボードである点は注意が必要です。
一応、日本語キーボード膜(カバー?)で日本語キーボード風にできるようです。

表記スペックなどに不安あり

さて、手放しで買いかというと微妙なラインです。

Jumperのパソコン全般に言えることですが、日本語表記がややおかしく、商品名や表記スペックに誤解を招くような表記が見受けられます。
「Jumper ノートパソコン 11.6インチ タッチスクリーン 360°自由回転でき pc ノート」って書き方として変ですよね(笑)

CPUの種類もCeleronまでしか書いておらず不明確。真っ当なPCであればかならず記載があります。

質問の中でN3450であることが判明してますが、レビューで事前情報と異なったという記載もあり、今後発送される商品も大丈夫であるかは怪しいところです。

バッテリーの駆動時間も実際のところ4時間くらいしか持たない模様。

購入者のレビュー動画

RSTK5 Revivalさんがレビュー動画をアップされていました。

サイズ、質感などは悪くなさそうですね。

やはりキーボード操作には一癖ありそう。この製品は不良品が多いとのコメントもあったのでその点は要注意ですかね。

アルミボディで4Way?なノートパソコン Jumper EZBook X1開封レビュー!

Amazonレビューをみると気になるコメントが・・・

概ね評価としては良いのですが。いくつか気になるコメントがありました。
その中でも使用上大きく気になるようなポイントを3点ご紹介。

ウィルス入り???

これが本当なら大問題。ウイルス入りだったというコメントが1件ありました。
初期化した上で使った方が良いとの記載がされれています。

一人からしか報告が上がってないのですがちょっと不安な要素ですね。

カバー+タブレット利用に制限

前述の通りキーボードは英字で、日本語化するカバー(膜)があるそうなのですがあくまでカバーで上の乗るだけ。

タブレットモードで利用する時にはキーボードが下面にくるのでカバーがポロッと落ちてしまうそうです。

他にも「タブレットモードにうまく切り替わらなかった」というコメントもあったので、タブレット利用も考えてる人は気をつけましょう。

SSDが低速でもっさり動作?

全体的に動きがもっさりしておりSSDが遅いのでは?というコメントがありました。

初回利用時のWindowsアップデートに6時間かかったという意見もあり快適さを期待して買うと大きく裏切られそうです。

素直にお勧めはできない。初心者は避けましょう。

パッと見の性能は良さげですが中華ノートパソコンらしい怪しさ満点のアイテムでした。

一応コスパとしては悪くないので、不安要素を許容できる方や万が一ウイルス入りだったとしても自分で対処できるような方がサブマシンとして買うのならアリではないでしょうか。

初心者の方は避けておくことをオススメします。

ちょっと性能は落ちますが下記のパソコンなどを買った方が安心ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました