【4万円台】14インチ1kgの軽量ノートPC Alldocube GT Bookについて調べてみた!

ノートパソコン情報
さとこよ先生
さとこよ先生

14インチで1kg、バッテリーの持ちも良いというなかなか良さげなノートPC。
キーボードの癖にだけ要注意です。

4万円台ながら1kgという軽量ノートパソコン

14インチとノートパソコンとしてはやや大きい部類なのに軽量1kg。
レビューなどを見る限りバッテリーの持ちも良いようで携帯するには優秀なPCです。

性能は高くないですが、ひとまず最低ラインはクリアしてると言っていいでしょう。

英字配列のキーボードで日本語配列のカバーが付いてくるようですが、どうしても英字ベースであるゆえの配列に癖があるので文字入力が多い人は要注意です。

なお、Alldocubeは中国のメーカーのようです。

Celeronだけど一定水準以上の性能

処理性能は最低ラインよりは上でメモリも十分に備わってるので、ネットを見たり、ExcelなどのOffice作業は快適にこなせそうです

レビューを見る限り4K動画再生なども問題なく可能。
Officeは付属しないため、別途購入が必要です。

CPUスコアと目安

CPUスコア: 2540

パソコンの速い・遅いに大きく影響するCPUの計算速度を評価値です。
当サイトではPassMarkという検査ツールの値を目安としています。基本的には数字が大きいほど高性能です。

1000~3000遅め。ネット閲覧・軽めのExcel/Word作業・ブログ編集などなら普通に使える。
多人数でのZoom会議は厳しい。
AtomやCeleronという名前のCPUは大体これ。
3001〜5000Excel/Wordの本格的なビジネス利用のスタートライン。
フルHD動画の再生も快適。
PhotoShopでの写真加工もできるがもっさりする場面も。
5001〜8000Zoom会議やPhotoShopでの写真加工も快適に行える。
8001~通常利用の範囲ではかなり快適。
複数のソフトを同時起動しての作業や、動画編集やゲームなど高負荷の作業も可能。

ストレージは速いとされるSSDで、ストレージの容量には余裕があるので、ダウンロードした動画を保存、視聴するといった使い方にもある程度対応できそうです。

液晶のサイズが14インチと大きめなので、画面の大きさを重視する人にはおすすめですね。
フルHDで情報をたくさん表示できるのもポイント。きめ細かい映像が楽しめます。

さらに、液晶は高画質とされるIPS。視野角が広い(斜めからみた時も色が綺麗に見える)ので動画鑑賞や写真加工などの発色を重視する作業にはいいですね。

キーボードには一癖あり、ポートの少なさも注意

この価格帯で新品なのはありがたいですね。

冒頭でも触れましたが、英字キーボードで一応日本語化するカバーも付属しますが、日本語キーボードしか使ったことがない人は慣れが必要な点に注意です。

レビューでもキーボードについてコメントされてる方が非常に多いです。
設定を変えても「¥」と[_」がない模様でKeySwapというフリーソフトで設定を変えたなどの情報が書かれていました。

電源兼用のUSB Type-Cと、標準のUSB3.0ポート1個しかないので拡張性は弱め。
必要に応じてUSB Cアダプターなどの用意が必要そうです。

ファンレスなので静か

ファンレスで本体音は静かな模様。

本体の動作音が気になるという方には良さそうですね。

製品仕様とリンク

機種名Alldocube GT Book
OSWindows10 Pro
CPUCeleron N5100
Passmarkスコア2540
メモリ12GB
ディスプレイIPS14インチ
1920×1080
ストレージSSD 256GB
サイズ32.3 x 20.7 x 1.7 cm
1kg
オフィス無し
参考価格(2021/10/13時点)42,999円

コメント

タイトルとURLをコピーしました