安い中古ノートパソコンのOfficeがヤバい?気をつける点は?

パソコンお悩み解決
ぱそわんこ
ぱそわんこ

中古パソコンってやたらとOfficeがついてるパソコンを見かける気がするんだけど、なんで新品よりOffice付きが多いの?

さとこよ先生
さとこよ先生

このサイトで紹介してるノートパソコンでもOffice付きが多いんだけど、実の所ちょっと不安の残る商品もあるんだ。

これから購入する人の不安が解消できるよう気をつけるポイントなどを紹介していくね。

  • あまりに安いOffice付きノートパソコンは要注意
  • 購入前、購入後のチェック方法を覚えておけば基本的には大丈夫
  • Amazon整備済み品もOfficeまでは保証してくれない

そもそもMicrosoft Officeは高いもの

パソコンをビジネス用途で使いたい時、WordやExcel、Power Pointなどを使いたいですよね。

有名国内メーカー製パソコンだと標準的についてくることも多かったので当然のようについてくるものだと思ってる人もいるかもしれませんが、Microsoft Officeを購入して初めて利用可能になります。

1年ライセンスで1.5万円ほど、永続ライセンス(更新がいらないもの)で3万円ほどするんです。

正直、結構高いと思いませんか?

それなのにも関わらず2万円台のノートパソコンなどにOfficeがついてくることがあるんです。

考えられる理由は二つ

なんでそんなパソコンが存在してしまうのかと言うと理由は大きく二つにわけられます。

「本当に格安or無料のOfficeを利用してる」「非正規品のOffieを使ってる」のどちらかです。

前者は特性さえ理解していれば全く問題はないOfficeです。

後者はMicrosoftも注意を促してるOfficeになるので購入の際は気をつけましょう。

法人向け(まとめ売りする分安い)のライセンスが使われる可能性が高いです。

基本的にはOfficeとして普通に動きますが、Microsoftにライセンス違反がバレた場合に突如として使えなくなる可能性もゼロではありませんし、契約している法人がOfficeを解約・倒産してしまったら同様に使えなくなってしまいます。

(今のところこれによる罰則などはないようですが・・・)

大手メーカーならこんなグレーなことはしないのですが、中古販売店のような中小企業であればこの微妙なところを攻めてくるわけで、その辺が中古パソコンにやたらとOfficeが付属してくる理由となります。

次からは大丈夫なOffice、ちょっと危ないOfficeの見分け方について紹介します。

購入前にチェックしておくべき点

前述の通り、2〜3万円台クラスなのにMicrosoft Officeがついてくるパソコンは要注意です。

オフィスの種類に中有目してみてください。
Microsoft Office 2019搭載、MS Office 2019などと書かれてるものは、非正規品である可能性が高いです。

2016以前の販売終了ライセンスについては微妙なラインなのでこの記事では触れずにおきます。
こちらも法人向けライセンスが使われてる場合があります。

大丈夫なオフィス:WPS Office、Libre Office、Office Online

逆に、同じOffice付きでも以下のようなOfficeはセーフです。

WPS Office

Microsoft Officeの互換製品(パチモンw)で、ほぼExcel、ほぼWord、ほぼPower Pointなソフトです。

操作感がほぼ一緒なのに5千円程度で購入できる廉価版Officeといった位置付け。

趣味で使うレベルならこれで問題ないでしょう。

Libre Offce

無料のOfficeです。メルカリなどに出品されてるノートパソコンなどでたまに見かけます。

違法性はないですがそもそも無料でダウロードできるモノなのでお得さは無いですし、WPS Officeと比べると使い勝手に違和感を覚えるかも。

Office Online

Microsoftが提供するオンライン版のOfficeです。
これもMicrosoftのアカウントを持っていれば無料で使えるモノなのでお得さは特にありません。

基本オンラインでの利用になるのと、かなり機能制限がされています。
(とはいえExcelでちょっとした計算式の表を組むくらいなら問題なく使えます)

購入後のOfficeの調べ方

実際に購入したあとに調べる方法もあります。

Excelなどを起動してファイルメニューの「アカウント」or「ヘルプ」を選んででてきた画面を開き、「ライセンス認証された製品」と書かれてる部分の下のOfficeの名前をチェックするだけです。

下はNGパターンの例です。

Office Standard 2019やOffice Professional Plus 2019などと表記されてるものは法人向けライセンスとなります。

Microsoft Office Standard 2019
Microsoft Office Standard 2019
Microsoft Office Professional Plus 2019
Microsoft Office Professional Plus 2019

この辺の見分け方についてはMicrosoftのサイトにも載っています。

ちなみに製品によっては「永久保証」を掲げてるものもありますが、各販売店が勝手に定めてるものであまりあてにしないように。
また、プロダクトキーがついてこないOfficeも基本的にはNGと思っておくといいでしょう。

Amazon整備済み品(Amazon Renewed)のOffice付きなら大丈夫?

Amazonが認定するショップが販売するAmazon整備済み品ならどうでしょうか。

結論としてはAmazon整備済み品だろうがグレー。
試しに買ったモノは法人向けライセンスでした。

Officeライセンスが正規のものであるかどうかはAmazon整備済み品の基準とは関係ないので、Amazonのサポートに問い合わせても期待した回答は得られませんでした。
ただ、Amazon整備済み品は非正規品であることを理由に返品することは可能でしたので泣き寝入りは不要です。

詳しくは購入レビューをご覧ください。

ヨーロッパの裁判で認められたケースがあるんだよ!という説について

元情報を失念したのですが、ネットの情報やとあるYouTuberさんの動画で「法人向けライセンスのOfficeをインストールしたノートパソコンの再販は法的に問題ないことがヨーロッパの方の裁判で認められた。だから問題ない!」といった情報を見かけたことがあります。

これについてですが「よそはよそ。うちはうち。」です。

ヨーロッパの裁判で認められようが、日本も同様は全く別の話なので鵜呑みにしないようにしましょう。

Yahoo!ショッピングやAmazonの激安ライセンスも要注意

個人ブログなどで「ネットショップで買うと3,000円くらいでOfficeの永続ライセンスが買えるライフハック!」のようなものが出てきますが、こちらも基本的にアウトです。

Office付きノートパソコンと同様に、法人向けのライセンスであると思った方がいいでしょう。

それでも安くMicrosoft Officeを欲しいと言う方へ

HPの公式ストアではたまにOfficeの追加オプションが半額になるキャンペーンを開催してる時があります。

正規の方法でOfficeを安価に手に入れる数少ない方法なのでうまく活用しましょう。

【HP】パソコンやプリンターなど幅広くご用意。お得なキャンペーン情報も充実。

というわけで購入は自己責任で

色々書きましたが、グレーと思われるノートパソコンが絶対にダメという断定はできないので、このサイトでは他のノートパソコン同様に紹介をさせてもらっています。

選び方に気をつければ良質のPCに出会うこともできるので、うまく中古パソコンショップを活用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました