PR

【ドンキのUMPC】NANOTE NEXTを実用できるか考える

ノートパソコン情報
引用元:驚安の殿堂 ドン・キホーテ
このサイトにはアフィリエイト/広告リンクが含まれています。
さとこよ先生
さとこよ先生

結論!パソコンとしては下の中。
これからパソコンを買うと言う人があえて選ぶ端末では無いですね。

Nanoteの2022年モデルきました

みんな大好きドンキPCの新モデルが登場しました。

2021年モデルである『Nanote P8』をベースにストレージやCPUが強化されたモデルとなります。

瞬間的に話題になっていたので前モデルを振り返りながらNANOTE NEXTの実用性について考えてみます。

先に結論から書くと、初心者が気軽に手を出すのは避けておいた方が良いPCです。

先行の予約販売は即売り切れとなりましたが、おそらくガジェットオタクやYouTuberの皆さんが購入されたものと思われます。

2021年モデル Nanote P8について

まずは昨年でた2021年モデルであるNanote P8から。

UMPCと分類されるPCで、7インチと言う超小型ノートパソコンです。

タッチパネル搭載でタブレット風にも使えます。

写真だと普通のノートパソコンのように見えますが、写真詐欺気味で実際にはかなり小さいです

さらにその前のモデルに比べるとメモリが4GBから8GBに増えてますが、総合的な性能で見ると低めの部類

CPU性能は低く、ストレージもeMMCのため動作速度はそれほど期待できません。

7インチの画面はかなり小さい(大きいスマホとiPad miniの中間くらい?)ので、自宅で長時間使うような方には向かなそうです。

あくまでサブPCという位置付けでしょう。

なお、Nanote P8についてはヨシキchさんという方がアップされた動画を紹介しておきます。

液晶自体は綺麗そうですが、やはり動作が重くてネットももっさり気味な印象。

キーボードも小さいし変則的な配置なので、「これだけで全部のことをするというのは厳しいでしょう。

それを踏まえてNANOTE NEXT(2022年モデル)について

前モデルのメモリ8GBは引き継ぎつつ、ストレージがSSD化することで一気に実用度があがりました。

「サイト表示速度約50%UP」というのもまんざら嘘ではないと思います。

では普通に使えるようになったかと言えば微妙なところ

SSDになったとはいえ容量が64GBではできることは少ないですし、画面やキーボードが小さいことを考えるとおもちゃの域はでなさそうです

また、CPUがPentium J4205になりましたがスペックアップというほど速くはなく、またWindows11非対応というのが致命的。

パソコン初心者の方でもし購入を考えてる場合は避けておいた方が良いでしょう。

機種名NANOTE NEXTNanote P8
OSWindows10 HomeWindows10 Home
CPUPentium J4205Pentium N4200
PassMarkスコア23672135
メモリ8GB8GB
ディスプレイIPS 7インチ
1920×1200
タッチパネル
IPS 7インチ
1920×1200
タッチパネル
ストレージSSD 64GBeMMC 64GB
サイズ(約)181×113.6×19.6(mm) 
0.58kg
(約)181×113.6×19.6(mm)
0.56kg
バッテリー持続時間7時間7時間
オフィスOffice MobileOffice Mobile

3〜4万円のタブレットPCと考えると他にも選択肢はありそう

メインPCを持っている上でのサブマシンという位置付けなら一応はアリです。

ただ、性能は下の中。画面も小さくキーボードも変則的というパソコンに対して32,780円を払っても良いかといえばやや微妙なラインです。

近い価格帯でタブレット兼用のWindowsPCが欲しいのであれば、以下のような10インチくらいのモデルを選んだ方が満足度は高いかもしれません。

機種名恵安 KI-G105UFRT230P8.9インチWINDOWS PC3 MW-HDW8000ジブン専用PC&タブレットU1C
OSWindows10 ProWindows10 ProWindows10Windows10
CPUCeleron N4120Celeron N4020Celeron N3350Celeron N3350
PassMarkスコア2509162011642135
メモリ4GB4GB4GB4GB
ディスプレイIPS10.5インチ
1920×1200
IPS10.1インチ
800×1280
8.9インチ
2048×1536
10.1インチ
1280×800
ストレージeMMC 128GBSSD 64GBeMMC 64GBeMMC 64GB
サイズ260.5×161.5×8.4mm (タブレットのみ)
1.09kg
約260(W)×約174(D)×約10(H)mm
0.635kg
約221x169x10.3mm
0.97kg
247x166x10〜20mm
0.995kg
バッテリー持続時間10時間6.2時間6時間6時間
オフィスWPS Officeなしなしなし
参考価格45,980円36,800円29,800円21,780円

同じサイズ感でしっかり実用性を求めるなら10万円クラスのものを選んだ方がいいと思います。

コメント

  1. Takkey より:

    まあ安くて7インチってことに価値を見いだせるかどうかってだけでしょうね。普通の人はこのサイズだとIpadminiにキーボード付けて使ったほうがいいでしょうから。

    個人的には前作P8の大きくだめな点である
    電源コネクタがUSBTYPECの恰好なのに、PDで給電できない点が改善されていることが大きいです。
    SSDは64GBは糞なので、交換できると嬉しいなあ。

  2. さとこよさとこよ より:

    そうですね。このPCがハマる人ってかなり限られると思います。

    64GBなのは残念すぎるのですが、レビュー動画などをみるとSSDは換装可能なようですね。
    そこにお金をかけるほどのPCかと言うと悩ましいところです。

タイトルとURLをコピーしました