【約5万】中華ノートTECLAST F15 Plus / F15 Plus 2について調べてみました

ノートパソコン情報
引用元:PR TIMES
さとこよ先生
さとこよ先生

中国のPCブランドTECLASTのF15 Plusの販売開始のニュースリリースが出ていたので詳しく調べてみました。英語キーボードなのが難点ですがコスパ自体は悪くなさそうです。

TECLASTってどんなブランド?どこの国のPC?

とりあえず聞いたことがないブランド名ですが、調べてみたところTECLASTは中国の商科グループのPCブランドとのことでした。
以下、ニュースリリースからの引用です。

Teclast(会社「商科グループ」の子ブランド)は1999年に設立し、「デジタルライフをより多くの人に楽しんでもらいます」をコアアイデアとして、Teclast良質なタブレットとノートパソコンを中心に展開を広げ、現在では、すでに一億以上のユーザーを持つブランドに成長しております。

PR TIMES

ノートパソコンの他、タブレット端末やモバイルバッテリーなど販売しており、PR TIMESにニュースリリースを出すくらいには日本進出に力を入れている企業のようです。

15.6インチノートPCとして標準的なPC

15.6インチとノートパソコンとしては大きい部類で移動にはちょっと不便な1.8kg(Plus2は1.65kg)。
バッテリーの具体的な持続時間はわかりませんでしたが、38000mWhと容量が大きいのでバッテリーの持ちは良さそうです。

金属のボディで薄型ということでMacBook的な雰囲気を感じるスタイリッシュさがあります。

性能は必要最低限のところは抑えつつ、高画質のIPS液晶であるなど、約5万という価格帯にしては十分な性能を持ったPCと言えそうです。

性能は必要最低限を抑えた下の上、画質面は良さそう

処理性能は最低ラインよりは上、メモリは十分に備わってるので、ネットや動画を見たり、ExcelなどのOffice作業は快適にこなせそう。
動画編集やゲーミング用途は厳しいですが、軽めの画像加工くらいはこなせるのではないでしょうか。

CPUスコアと目安

CPUスコア: 2509

パソコンの速い・遅いに大きく影響するCPUの計算速度を評価値です。
当サイトではPassMarkという検査ツールの値を目安としています。基本的には数字が大きいほど高性能です。

1000~3000遅め。ネット閲覧・軽めのExcel/Word作業・ブログ編集などなら普通に使える。
多人数でのZoom会議は厳しい。
AtomやCeleronという名前のCPUは大体これ。
3001〜5000Excel/Wordの本格的なビジネス利用のスタートライン。
フルHD動画の再生も快適。
PhotoShopでの写真加工もできるがもっさりする場面も。
5001〜8000Zoom会議やPhotoShopでの写真加工も快適に行える。
8001~通常利用の範囲ではかなり快適。
複数のソフトを同時起動しての作業や、動画編集やゲームなど高負荷の作業も可能。

引用元:PR TIMES

ストレージは速いとされるSSD。
ストレージ容量が256GBとかなり余裕があるので、アプリケーションのインストールや大量の写真の保存などしても安心です。

液晶のサイズが15.6インチと大きめなので、画面の大きさを重視する人にはおすすめですね。

フルHDで情報をたくさん表示できるのもポイント。きめ細かい映像が楽しめます。
液晶は高画質とされるIPS。視野角が広い(斜めからみた時も色が綺麗に見える)ので動画鑑賞や写真加工などの発色を重視する作業にもオススメです。

ベゼル(画面のフチ)が狭いので画面サイズに対して本体はそれほど大きく感じなそうです。

引用元:PR TIMES

英字キーボードな点は注意

この価格帯で新品なのはありがたいですね。
あまり馴染みのないメーカーですが、同ブランド品のAmazon購入者レビューを見る限り評価は悪くありません。

ただし、キーボードは英字配列のもので、記号などの配列が日本語キーボードと異なったり、かなの刻印がなかったりするのでその点には注意です。

オフィスはついてないので、ExcelやWordといった作業をしたい方は別途購入・契約の必要があります。気をつけましょう。

少しモデルが異なりますが、海外の方が上げてるF15のレビュー動画がありました。

F15 PlusとF15 Plus2の差はほぼない?

両機種の基本性能はほぼ変わりません。F15 Plusに比べてF15 Plus2には以下のような違いがあります。

  • やや厚み(15mm / 18mm)があってやや軽い(1.8kg /1.5kg)
  • 本体の角の丸みが控えめ
  • トラックパッドがやや中央より左に寄っててコンパクト
  • カメラの画素数が低い(200万 / 100万)

本体が軽量化されてる点、Type-Cポートが追加されているなどはマイナーチェンジ版のようですが、何故かカメラ画質は下がっています。
おそらく気にするほどの差ではないので、これから買うならPlus2を選ぶのが良いでしょう。

2021年9月17日〜23日限定でF15 Plusは10,000円引きのクーポンが適用可能です。期間中ならPlusの方ですね!

製品仕様とリンク

機種名TECLAST F15 PlusTECLAST F15 Plus2
OSWindows10 HomeWindows10 Home
CPUCeleron N4120Celeron N4120
Passmarkスコア25092509
メモリ8GB8GB
ディスプレイIPS15.6インチ
1920×1080
IPS15.6インチ
1920×1080
ストレージSSD 256GBSSD 256GB
サイズ375mm×243mm×15mm
1.8kg
厚さ18mm(他サイズ不明)
1.65kg
オフィスなしなし
その他USB3.0*2
acデュアルバンドWi-Fi
USB3.0+USB2.0+Type-C
acデュアルバンドWi-Fi
価格(2021/9/18時点)49,900円49,900円

中国製パソコンということで不安に思われる方もいるかもしれませんが、コスパ面で見る分は悪くなさそうなPCです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました