【初心者注意!】Windows 11がインストールされた一部の中古パソコンで被害報告が出ています

お知らせ
さとこよ先生
さとこよ先生

パソコンの販売・サポートを行う方からWindows 11搭載中古パソコンにおけるトラブルの情報をいただきました。注意喚起の意味で情報公開させていただきます。

フリマアプリなどでWindows 11インストール済みパソコンを購入したことによる被害報告が出ています
全てが対象ではないですが、悪質な出品物を購入しないよう確認と周知をお願いします。

2021年10月にWindowsの最新OS Windows 11がリリース予定です。

対応機種は無償でアップデートできるのですが、その条件がちょっと厳しめ。
数年前の古いパソコンだとアップデートの条件を満たすことができません。

この点についてもう少し詳しい内容は以前別の記事でもまとめています。

そんな古いパソコンへのWindows 11インストールに関連してとある事件が起きました。

Windows 11 インストールPC購入者からの問い合わせ

事件は、車&パソコンサポートショップをされているBASILISK&Razer@CAR&PC柴田ベース by なお(以後、柴田ベースさん)さんにやってきた1件の問い合わせから発覚しました。問い合わせしてきた方は仮にAさんとしておきます。

Aさんからの問い合わせの内容は、「とあるところから購入したWindows 11 Insider Preview版 搭載パソコンがWindows Updateできない」というもの。
Windows Updateができず、画面上にはWindows 10に戻すよう促す警告が出ていたそうです。

当然のことながらAさんは販売者に確認を取ったのですが、回答としては「ちゃんとアップデートできます」とのこと。
(ここでいう販売者は柴田ベースさんではありません)

どうしようもなくなったAさんは、Twitterで検索をして見つけた柴田ベースさんに問い合わせをした、いうのが今回の流れです。

Windows11パソコン購入被害

古いパソコンにWindows 11をインストールはできるが、アップデートができない

このトラブルですが、冒頭に書いたWindows 11のアップデート条件の厳しさが影響しています。

インテルの第7世代以前のCore iシリーズ(一部を除く)でTPM2.0非搭載のパソコン・・・ざっくり描くと「4、5年以上前に登場した古いパソコン」はWindows 11のアップデート対象外です。

ただし、非対応PCにも特定の方法で作業を行うとWindows 11がインストールできる仕組みになっています
※この場ではあえて具体的な方法は書かないでおきます。

これ自体はMicrosoftとしても認めてることなのですが、2021年10月のWindows 11の正式リリースに向けてある施策が取られています。

Windows 11の非対応PCはWindows 11のWindows Updateの対象外とする、というものです。
Aさんがまさにハマっていた状況ですね。Windows 11にはできてもそこからの更新が一切できないのです。

下の記事にて、非対応端末ではクラッシュ率も高いという情報も出ており、そういった端末をサポートするのは難しいとしてのMicrosoft側の措置であると思われます。

メルカリなどに出品されるWindows 11が入った非対応PC

恐ろしいことに、Windows 11非対応パソコンにWindows 11をインストールし、Windows 11インストール済みパソコンとしてフリマアプリで販売している悪質な出品者が存在しています。

やすぱそでも何度かそういった出品を見かけていますが、さもWindows 11対応マシンであるかのように出品がされていました。
そういった出品者であっても大概評価はそれなりに良く見え、一見しては悪質な出品であるかの判断は難しいでしょう。

Aさんもそういった出品者から購入をしてしまったというわけです。

Microsoftとしては販売を規制できない

柴田ベースさんがMicrosoftのサポートに問い合わせしましたが、そういったパソコンの販売規制自体はできないとの回答をもらったそうです。

やすぱそでも以前問い合わせをしたことがありますが、「プレビュー版を正規品のように販売されてる」点は問題とするもののそれ以上の話には発展しませんでした。

柴田ベースさんでは被害者がでないよう、該当する出品者に警告をしたりしているものの逆に出品者からブロックされてしまう、というのが現状のようです。

Windows 11インストール済みパソコンは買わないようにしよう

といった具合に、Aさんのような被害者が出ているものの、根本的な解決はできないのが現状です。
記事を見てくださってる方にお願いしたいのは、そういった問題のあるPCを購入しないよう気を付けて欲しいというものです。

まずは可能であればWindows 11に対応してるかどうかしっかり調べることです。
いくつかの条件がありますが、少なくともCPUが第7世代以前のCore i○の場合はほぼ非対応端末になります(一部例外あり)。

ちょっと自信がない、という人は中古品は避ける、もしくはWindows 10のパソコンを買うのが正解です。
対応端末であればあとからWindows 11に自前ですることができますし、非対応端末であっても2025年まではWindows 10のサポートが継続するので問題なく使用可能です。直近でWindows 11であるメリットは少ないです。

一番危ないのはWindows 11インストール済みの非対応端末を使ってしまうことです。気を付けてください。

また、もしよければ当記事をシェアするなど情報の周知にも協力いただけると幸いです。

今回情報をくださったBASILISK&Razer@CAR&PC柴田ベース by なおさん、ありがとうございました。
柴田ベースさんについて詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました