ノートパソコンのキーボードが壊れた・反応しないときの対処法

パソコンお悩み解決
ぱそわんこ
ぱそわんこ

ノートパソコンの「A」のキーが外れちゃった・・・
修理修理っと・・・え、2万円!?

さとこよ先生
さとこよ先生

そう。
キーボードが壊れたからと言って簡単に直せるかと言ったらそんなことはないんだ。

ぱそわんこ
ぱそわんこ

1個キーが外れただけなのに・・・

ノートパソコンは持ち運びを前提とし、本体、キーボード、ディスプレイ、トラックパッドなどが一体化してるのが特徴です。一体化してる分、配線も少なくて済むのもメリットですよね。

一方、どこか壊れたら容易に交換ができないのが最大の弱点。

電源の差し込み口、キーボード、トラックパッド、液晶画面などどれかひとつが欠けても致命的です。

中でも意外となんとかなりそうでなんとかならないのが、ノートパソコンに備え付けのキーボードです。

上の写真のようにキーが1個外れたくらいならなんとかなるような気がしますが、基本的にノートパソコンのキーを1個だけ交換するなんてことはできません

では、どのように対応するべきなのでしょうか。

修理依頼する

一番シンプルなのが各メーカーに交換修理を依頼することです。
シンプルはシンプルなのですが問題もある方法です。

まずノートパソコンをメーカーに送る必要があるため、修理期間中にパソコンそのものが使えなくなってしまいます。さらに修理費用がバカにならない場合が多いです。

メーカーごとの費用を厳密に調べたわけではないですが、2〜3万はかかることを覚悟してしておいた方がいいでしょう。

20万円クラスのパソコンなら払う価値のある金額ですが、本体価格が安価なほどちょっと割高に感じる方法ですよね。

自分で交換する

自分で部品交換してしまうという方法も存在します。
パソコンの型番で検索すると交換用部品が販売されてるものも多く、部品自体を取り寄せるのはさほど難しくありません。

しかし、デスクトップパソコンのキーボードと違って交換はかなり難しいです。

そもそも分解をする前提で作られていないですし、キーボードなどの部品は強力な粘着テープなどで固定されてる場合もあり素人が簡単に交換できるかと言えば答えはノーです。

有名なメーカーのパソコンであれば交換手順自体は検索するとすぐ見つかりますが、よほど機械いじりに自信がある方以外は避けておいた方が良いでしょう。

外部キーボードをつなげる

修理は難しそうな場合、外部キーボードを繋ぐというのが実はおすすめの解決方法です。

多くのノートパソコンはUSBポートがありますよね。
USBメモリなどをつなぐための差し込み口とお思いの方もいるかもしれませんが、デスクトップパソコン同様にキーボードをつなぐことだってできるんです

USBキーボードを繋いだ図

ちょっと見栄えは悪いかもしれませんが、キーボードは安いものなら千円くらいから手に入りますので、あまり予算がない場合には外部キーボードを繋ぐのがベストな解決手段となります。

USB Type-Cの口しかない場合は、変換ドッグを繋ぐと通常のUSBコネクタも繋げられるようになります。

USB TYpe-Cドッグ

どんなキーボードが使えるのか

キーボードはデスクトップパソコン用として販売されてるキーボード全般が使用可能です。
そもそも特にデスクトップ用と定義されてるわけではないですしね、、、

日本語配列、英語配列、テンキーの有無、など商品によって細かな条件が変わりますので、自身にあったものを選ぶようにしましょう。

USB接続キーボードのほか、Bluetooth接続のキーボードも利用可能です。

一部の古いパソコンだとBluetooth対応してない場合もありますが、よほど古いものでなければ大丈夫でしょう。

ノートパソコンスタンド + キーボードで快適環境化も可能

今回、キーボードが壊れたケースを想定して外部キーボードの利用をお薦めしてみましたが、故障してなくても外部キーボードを使うことで生まれるメリットがあります。

本体キーボードの寿命を伸ばす効果

キーボードは長い目で見れば消耗品です。
長期間使っていればどうしても反応が悪いキーなどが出てくるでしょう。

自宅での利用時などだけは外部キーボードにすることで、故障の確率を下げることが可能になります。

大きなキーでタイピングできる

これはパソコンによりますがノートパソコンはキーが小さかったり、キーの配列が窮屈なパソコンも少なくありません。

そんなときも外部キーボードをつなぐことでデスクトップパソコンと同じ使用感で文字入力ができるようになるのは大きなメリットですよね。

姿勢改善の効果

ノートパソコンは画面とキーボードの位置が近いため、多くの場合文字入力の際に前屈みになったり画面と目の位置が近い状態になってしまったりします。

短時間なら良いですが、長時間になればなるほど体に負担をかけることになってしまいます。
これも外部キーボードを使うことで解決。適度に画面と距離をとって利用することができるようになります

さらに下記のようなノートパソコンスタンドと組み合わせると、画面の位置を目線に近いところに持ってこれるのでさらに快適度が増しますよ。地味〜に効果が大きいのでお試しあれ。

ノートパソコンスタンド

なお、キーボードよりはメジャーですがマウスも外部接続することが可能です。
スタンドを使うとノートパソコン全体の位置が高くなるので、マウスもセットで使うのがおすすめです。

以上、ノートパソコンのキーボードでお悩みの方の役に立てば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました